ホーム

設立主旨

日本応用数理学会「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会では,横断型学会である日本応用数理学会の特長を生かし,線形方程式,固有値問題,特異値問題などの各種解法やその並列化,計算機実装などの研究者と,これらの方法を利用する幅広い応用分野の研究者が互いに交流することで新しい問題解決手法を見つけることを目的としています.


お知らせ

 

  • [2018.04.04] 幹事・運営委員を更新しました.詳細は こちら をご覧下さい.
  • [2018.05.02] 第25回単独研究会(SWoPP2018連携)についてのページを公開しました.詳細は こちら をご覧下さい.
  • [2018.05.15] 日本応用数理学会2018年度年会・3部会連携OSについてのページを公開しました.詳細は こちら をご覧下さい.

 

平成30年度の研究部会活動案

 

  • 第25回単独研究会(SWoPP2018連携):2018年7月末頃(担当:大島)
  • 日本応用数理学会2018年度年会・3部会連携OS:2018年9月(担当:相島)
  • 第26回単独研究会:2018年11-12月頃(担当:今倉)
  • 三部会連携「応用数理セミナー」:2018年12月頃(担当:山中)
  • 日本応用数理学会2019年研究部会連合発表会:2019年3月頃(担当:保國)


研究部会に関する案内などの送付を希望される方は下記問い合わせ先までご連絡下さい.
問い合わせ先:
aishima ‘@’ hosei.ac.jp
法政大学 相島 健助